スパークリングワインの平均度数を他のワインと比較してみた

カテゴリ:コラム

ワインの度数の目安は約12%ですが、種類によって異なります。

非発泡性のスティルワインは9%から15%と幅がありますが、スパークリングワインは平均11%から12%と、ほぼ固定されています。

しかし、醸造過程でアルコールを加えるポートワイン・シェリーといった酒精強化系は、15%から22%あたりが平均的なアルコール度数です。

スパークリングワインなどワインの度数の違いはブドウの糖度によるものですが、品種と産地が大きく関係しています。

関連記事

  1. カテゴリ:コラム

    コスパ良好なコンビニのスパークリングワインはどれか検証してみた

  2. カテゴリ:コラム

    【東京】スパークリングワイン飲み放題!おすすめのバー3選

  3. スパークリングワインは値段で味がどう変わるのか解説しますpixta_63782061

    スパークリングワインは値段で味がどう変わるのか解説します

  4. カテゴリ:コラム

    スパークリングワインが爆発!?事故を防ぐためのチェックポイント

  5. 中身が吹き出さない上手なスパークリングワインの開け方とは

    中身が吹き出さない上手なスパークリングワインの開け方とは

  6. スパークリングワインに合うチキンのおつまみレシピ【Forクリスマス】

    スパークリングワインに合うチキンのおつまみレシピ【Forクリスマス】