中身が吹き出さない上手なスパークリングワインの開け方とは

中身が吹き出さない上手なスパークリングワインの開け方とは

スパークリングワインは発泡性があるので、中身が吹き出さないように開け方に注意する必要があります。

まずは事前にしっかり冷やしておくことが大切で、10度くらいが望ましいです。

そしてなるべく瓶を揺らさないように固定します。

その後ナプキンでコルクを抑えながら、ゆっくりと抜いていきます。

その際には、なるべくゆっくりとした開け方が望ましいです。

スパークリングワイン特有のガスをあらかじめ隙間から逃がすようにすれば、吹き出さずに済むでしょう。

関連記事

  1. カテゴリ:コラム

    スパークリングワインを冷凍してしまった…どう対処すればいい?

  2. カテゴリ:コラム

    コスパ良好なコンビニのスパークリングワインはどれか検証してみた

  3. スパークリングワインは値段で味がどう変わるのか解説しますpixta_63782061

    スパークリングワインは値段で味がどう変わるのか解説します

  4. カテゴリ:コラム

    スパークリングワインは腐る?賞味期限や保存方法を解説します

  5. カテゴリ:コラム

    【東京】スパークリングワイン飲み放題!おすすめのバー3選

  6. カテゴリ:コラム

    スパークリングワインの平均度数を他のワインと比較してみた