ドイツ産スパークリングワインの歴史について3分で解説!

カテゴリ:歴史

スパークリングワインの発祥はフランスシャンパーニュ地方と言われていますが、シャンパーニュの有名メゾンの設立にドイツ人が関わっています。

16世紀のドイツは、厳格なプロテスタント思想が芽生えた地であるため、熱心で堅実なドイツ人の姿勢がスパークリングワインの製造に必要だったと言われています。

この流れからドイツでもスパークリングワインが生産されるのは自然の流れであり、大手の酒造メーカーが盛んに大量生産を行っていました。

ドイツ産のスパークリングワインはゼクトと呼ばれ、ビールとともに多くの人々に愛されている発泡酒です。

関連記事

  1. カテゴリ:歴史

    残糖度|スパークリングワインの味がわかる用語を解説します

  2. カテゴリ:歴史

    お祝いでスパークリングワインを飲む意外な由来をお教えします

  3. カテゴリ:歴史

    スペイン産スパークリングワインの歴史について3分で解説!

  4. スパークリングワインの製法|きめ細やかな泡が出来る秘訣とは

    スパークリングワインの製法|きめ細やかな泡が出来る秘訣とは

  5. カテゴリ:歴史

    フランス産スパークリングワインの歴史について3分で解説!

  6. イタリア産スパークリングワインの歴史について3分で解説!

    イタリア産スパークリングワインの歴史について3分で解説!